リバウンドしないための3つの注意点



熊本県 熊本市 パーソナルトレーニングジム プライベートジム コンディショニングトレーナー ダイエット シェイプアップ 減量 ヒルドアップ 筋肥大 体力アップ 筋トレ ジム


ダイエットと必ずセットで考えないといけないのが、「リバウンド」です。

ダイエットを成功させることが、まずは一番大事です。それと同じくらい、体型を維持させたい!リバウンドしたくない!と思っていらっしゃる方が多いのではないでしょうか?

リーフに来られる方で、リバウンドを何回もしている方は多いです。

自己流でダイエットやトレーニングを行って、ある程度成功したとしても、リバウンドしてしまっては、せっかくの努力が水の泡になってしまいます。

ということで、このブログでは、「リバウンドしないための3つのポイント」を書いていきたいと思います。



ポイント1

カロリー収支をプラマイゼロにする

カロリー収支とは、消費カロリーと摂取カロリーのバランスのことです。体重が増えるのも、変わらないのも、減るのも、全てはカロリー収支次第です。

ダイエットするときは、カロリー収支をマイナスにしなければいけませんが、体重を維持させたい場合、リバウンドさせたくない場合は、このカロリー収支を、プラスマイナスゼロにすればいいのです。

なので、体重を維持させたい場合は、ダイエット中よりも食べても大丈夫です。

プラマイゼロまでなら、摂取カロリーを増やしても、リバウンドすることはありません。

ちなみに時々食べ過ぎたり飲みすぎたりしても、その前後でカロリー収支を調整することが出来れば、大丈夫です。

カロリー収支がプラスになってしまったな〜と思ったときは、ウォーキングをするようにしたり、食べ過ぎた次の日は、食事を少し減らしたりすると、カロリー収支がプラマイゼロになりますので、リバウンドすることはありません。

リバウンドしてしまうのは、「カロリー収支がプラスの状態を続けてしまうから」です。

プラスを続けてしまうと、プラスのカロリーが積み重なってしまうので、余ったカロリーをカラダに脂肪として蓄積してしまいます。

つまり、リバウンドしてしまいます。

プラスになっても大丈夫なので、前後で調整するように気をつけましょう。


ポイント2

良い習慣を身につける

ダイエットを行うとき、多くの方は短期間で行いたいと思われると思います。

しかし、短期間のダイエットだと、「習慣」が身に付きにくいです。

運動の習慣・食事の習慣・生活習慣など、習慣はいろいろあります。

カラダや健康というものは、繰り返した結果で出来ています。

1日2日ではなく、数ヶ月〜数年といった長期間で、カラダや健康というものは出来上がっています。

ですので、悪い習慣があったとしても、すぐにカラダに出るわけではありませんし、逆にいい習慣があったとしても、すぐにカラダが変わったり、健康になったりするわけではありません。

ダイエットするためには、運動や食事などを改善しないといけないのですが、これが習慣にならないと、結局リバウンドしてしまうことになります。

ですので、ダイエットするときには、リバウンドしないために、習慣を身につけることを意識するといいと思います。

小さな習慣でも構いません。塵も積もれば山となりますので、続けれる習慣を身につけていきましょう。


ポイント3

セルフイメージを書き換える

最後になりましたが、私はこれが一番重要だと思っています。

それは「セルフイメージを書き換える」ということです。

セルフイメージとは、自分に対するイメージのことです。

例えば、自分は太っているというセルフイメージを持っていると、人はそのセルフイメージに自分を合わせます。

ですので、痩せてダイエットが成功したとしても、その人のセルフイメージが、「自分は太っている」というものから変わらなければ、太っている状態に無意識に戻そうとしてしまいます。

リバウンドした方のほとんどが、「体重が増えた」とは言われません。「体重が戻った」とほとんどの方が言われます。これは無意識に言われていると思うのですが「戻る」と思っているということは、本来の自分は太っている、という思い込みを持っているということになります。

ですので、本来の自分は太っているのではなく、痩せているのが本来の自分なんだ、というようなセルフイメージに書き換える必要があります。

そうすれば、少しリバウンドしてしまったときなどに、「体重が増えた」という認識になり、元の痩せた状態に戻したい!という力が無意識に働きます。

ということで、自分に対するセルフイメージを書き換えていきましょう!



以上が、リバウンドしないための3つのポイントになります。

ダイエットを行うときは、痩せることだけではなく、いかにリバウンドすることなく体重を維持していくか?ということも考えて行っていくといいですよ。


関連ページ

コメント


認証コード6530

コメントは管理者の承認後に表示されます。