使える筋肉・使えない筋肉



熊本県 熊本市 パーソナルトレーニングジム プライベートジム コンディショニングトレーナー ダイエット シェイプアップ 減量 ヒルドアップ 筋肥大 体力アップ 筋トレ ジム


こんにちは。
パーソナルトレーニングジム&プライベートジムLEAFの西田です。

今回はスポーツをしている人や、アスリート向けの内容になります。



同じ筋肉でも、使える筋肉と使えない筋肉がある



筋肉モリモリなんだけど、スポーツ動作ではそれほど大きな力が出せない方っていますよね?


しかしその反対で、体は細いんだけど、スポーツ動作になると高い能力を発揮する様な人もいます。


そして中には、筋肉もモリモリでスポーツ動作でも高い能力を発揮する様な人もいます。


一体、何が違うのでしょうか?


基本的には、


筋肉の大きさ=筋力

筋力が強い=スピードも速い


ですので、筋肉が大きい方が良いとされています。


車で例えると、筋肉は「エンジン」だと思っていただくとわかりやすいと思います。


もちろん、エンジンが大きい方が、高いスポーツ能力を発揮出来ると思います。(競技の種類にもよりますが)

しかしスポーツには車の運転と同じで、エンジンの大きさだけではなく、運転の技術も非常に重要になります。


ですので、


ハード面(エンジンの性能)×ソフト面(運転の技術)


のどちらも重要になるのです。



ウエイトトレーニングは、諸刃の剣である



ウエイトトレーニングとは、皆さんがされている「筋トレ」のことです。


ウエイトトレーニングは、筋肉の量を増やしたり、ダイエットの時には筋肉量を減らさないようにしたり、筋力をつけたい時には必要なトレーニングになります。


しかしウエイトトレーニングばかりしていると、スポーツ動作が苦手になる事があります。


なぜなら、ウエイトトレーニングで良いとされている事と、スポーツ動作で良いとされている事は、正反対だからです。


例えばウエイトトレーニングでは、反動をつける動作は悪いとされています。反動をつけてトレーニングを行うと、楽になってしまい効果が出なくなるからです。


しかしスポーツ動作の場合は、逆になります。


バレーでジャンプをするときなどは、必ず下にしゃがみこんでから上にジャンプすると思います。なぜなら反動をつけないと、高くジャンプする事が出来ないからです。


他にもウエイトトレーニングでは、出来るだけ筋肉に負荷がかかる事が良いとされています。


筋肉に負荷をかけるために、筋肉に「効かせる」必要があるのです。


つまりわざと筋肉に負荷がかかるように、効率の悪い動きをする必要があるのです。


しかし多くのスポーツ動作の場合は、逆になります。


出来るだけ、効率よく動く必要があります。


例えばランニングなどでは、出来るだけ効率よく走る方が良いです。


このようにウエイトトレーニングしかやっていなかったり、ウエイトトレーニングをやりすぎてしまうと、体に悪い癖がついてしまいスポーツ動作が下手になってしまうのです。


ですので、目的がスポーツ動作のパフォーマンスアップの場合は、ウエイトトレーニングを行うだけでなく、ウエイトトレーニングでつけた筋肉をスポーツ動作に活かすようなトレーニングも行う必要があるのです。


そのようなトレーニングが、今はやっている「ファンクショナルトレーニング(機能的なトレーニング)」だったり「コアトレーニング」だったりします。


トレーニングにも色々ありますので、自分の目的や目標に合ったトレーニングを行いましょう。


以前紹介した、トレーニングの原則の「特異性の原則」ってやつですね。


関連ページ

  • 使える筋肉・使えない筋肉

コメント


認証コード9102

コメントは管理者の承認後に表示されます。